最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

上方講談 現代怪談の世界

近年、注目を浴びている、日本の伝統話芸「講談」。

「冬は義士 夏はおばけで飯を喰い」と川柳に詠まれたほど、 講談師は夏になると怪談を語ってきている。

クーラーのなかった時代、観客は講談師の語る世界に身をゆだね、 背筋を凍らせ、暑い夏を忘れた。

講談師の旭堂南湖が贈る現代怪談。

故きを温ねて新しきを知る。

名調子で語る「現代の怪談」ここにあり。

内容紹介

「納豆」(9分)

四十代の女性Yさんに聞いたお話。Yさんは几帳面な性格で、毎朝の起床時間、出勤時間もちゃんと決まっています。朝食もいつも同じ。納豆ごはんと生野菜と豆乳。こう決めている。スーパーに行くと、色んな種類の納豆が売っていますが、Yさんがいつも買うのは、小粒の納豆。Yさん曰く、納豆はのどごしだそうです。納豆を食べるとき、噛まずにすすって食べるそうです。

ある夏の晩のこと。Yさんが布団で寝ていると、ズズッ、ズズッと音がした。アパートなので、他の部屋の音が多少聞こえることはあるのですが、ズズッ、ズズッという音、近くで聞こえる。押入れの中だ…。

「糸引く」(6分)

大阪に住んでいる三十代の女性Hさんに聞いたお話。出張で日本海がきれいに見える、とあるホテルに泊まることになった。ホテルの近くに回転寿司屋さんがあった。店に入る。店員さんの元気な声。漁港が近いので、魚が新鮮。これまで食べたどの回転寿司よりも美味しい。

すると、レーンの上を納豆の軍艦巻きが流れてきた。Hさんは納豆が大嫌い。これまでに一度も食べたことがない。ニオイも嫌だし、糸を引いていて、見ているだけで気持ちが悪いので、納豆の軍艦巻きはそのまま見送った。

お腹がいっぱいになり、満足してホテルへ帰り、シャワーを浴びてそのまま眠りについた。翌朝、目を覚まして、何気なく髪をかき上げると…。

「泥団子」(14分)

Sさんという三十代の女性に聞いたお話。彼女が小学生5年生の秋。虫の鳴き声が庭から聞こえてくる夜。リーリーリー、リーリーリー。見上げれば、まんまるのお月さんがある。中秋の名月には、お月さんにお供え物をと、田んぼのあぜ道に生えているすすきを取ってきて花瓶に入れ、三宝の上におだんごを乗せた。

おばあちゃんが作るお団子は、まんまるじゃない。少し横長になっている。芋名月ですから、里芋に似せたお団子をお供えしていたわけです。おばあちゃんの作るお団子はとても美味しい。その翌日、Sさんは泥団子を作って飾ることにしました…。

「河童の皿」(8分)

Tさんという男性に聞いたお話。Tさんが住んでいるところは田舎でして、ちょっと山を入ったところに、きれいな清流が流れている。子供達は夏休みになると、朝から晩まで川で遊ぶ。上流に岩がゴツゴツとしたところがありまして、その中の、一つの岩が河童の皿と呼ばれていました。岩の上なんですがお皿のように見えるのです。皿の大きさは直径三十センチぐらい。皿の深さは三センチぐらい。皿の表面は磨いたように平らで、まるで陶器で作った皿のように見えました。もちろん岩の一部が、なにかの偶然でこのような形になったのでしょう。

ここに湧き水が流れ込んでいるのです。常に水の張ったお皿で、昔から河童の皿と呼ばれている…。

「栗の木」(9分)
「猫」(11分)
「猫のしっぽ」(7分)
「俺とちゃうで」(6分)
「サウナ」(12分)
「マラソンランナー」(9分)
「靴」(8分)

©2021 Makoto inamori

講談 現代怪異譚 四に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。