最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

作者逝去の為、無念の鬼平犯科帳シリーズ最終巻。
同心の松永弥四郎が、平野屋源助のところで休んでいると、番頭の茂兵衛が、向こうに見えるのは相川の虎次郎という盗賊である告げた。
松永弥四郎はこの相川の虎次郎をつけるが、途中でつけているのがばれてしまう。
捕物になったあげく、松永弥四郎取り押さえるのに成功し、役宅へ連れ帰るも、虎次郎は何も吐かない。
江戸には盗みのために入ったのではないと言うが・・・。
©ことのは出版

誘拐 特別長編に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。