最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

博奕(ばくち)打ちの親分・仁吉が殺しの指図をした疑いで、大番屋にしょっぴかれた。ところが仁吉は強請(ゆす)りたかりも一切しない気性のさっぱりした男。腑に落ちない紋蔵は、仁吉を取り調べている北町臨時廻りの弥三郎に探りをいれるが……。見当違いをやりながら、ついには真相を明らかにする“窓際同心”捕物帖・「物書同心居眠り紋蔵シリーズ」第5弾。 

©佐藤 雅美 (P) 2017 Audible, Inc.

老博奕打ち 物書同心居眠り紋蔵 (五)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    19
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2017/12/30

もやもやする…

ナレーターさんは毎度、抜群です。 話しはいつも通りと言えばいつも通りなんですが、やり切れなかったり割り切れなかったりと言った感じの話が多かったように思います。 そこもまた味と言えば確かに味なんですが。 ナレーターさんが匠の技過ぎて、最後の奴なんかは早くぶった斬ってくれと願い通しでした。 次回も楽しみにしています。