最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

あらすじ・解説

     人気のAmazon PublishingのタイトルのAudible版をAudible Stationで配信。森 絵都、町田康を始めとした人気作家のオリジナル短編をAudible Stationが朗読でお届けします。    

©2018 Audible (P)2018 Brilliance Publishing, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

短編文学チャンネルに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    54
  • 星4つ
    28
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    9
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    40
  • 星4つ
    23
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    5
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    39
  • 星4つ
    20
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    7

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazonのお客様
  • 2019/08/05

楽しめました

ストーリーはもちろん楽しめた。そしてナレーションが素晴らしい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 小田原リーマン
  • 2019/05/07

わくわくハッピーストーリー

聞いているとわくわくするてんぽのいいハッピーストーリーでした。もうすぐ定年のオジサンでも楽しめました

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ししもん
  • 2020/11/11

森絵都作品に惹かれました

森絵都作品が好きなので会員特典で楽しめたことに感謝します。『カラフル』もラインナップに加わってAudibleが盛り上がってきましたね(=^・・^=)♬

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • なるべく公正
  • 2020/12/25

これでプロか?

文学?プロ?

ビミョー

全体的にライトノベル?

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • オプフラ
  • 2020/11/12

お得!

森絵都が読みたかったので、会員特典で無料とはラッキー♪どれも読み応えあり。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • クコの実
  • 2021/03/28

ナレーションが小気味良かった

チャキチャキした喋りが大変良かったです。登場人物一人一人の声の変化もわざとらしくなく自然でした。関西出身の方なのでしょうか?松永さんをこの作品のナレーターに選んで、成功だったと思います。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Kindleユーザー
  • 2021/03/27

先輩が気持ち悪い

ナルシスト 全開な 先輩が 最後まで 気持ち悪かった です。 二人の 会話が 高校生 の会話 のように聞こえず、 感情移入 しにくかったです。 先輩をぎゃふんと言わせるようなストーリーにしてくれたら嬉しかったです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/03/24

厨二病とカタルシス

作中、読み手がマリーを中心に3人の女性の深く傷付いた心に触れていく構成になっている。主人公マリーと元恋人の少女は、自己愛と承認欲求が強い典型的厨二症状が見られる。過去の虐待による心の傷口から漏れ出す何か、満たされない気持ちからか其々のやり方で「今」と向き合う日々が淡々とした口調でアンニュイに語られる。一方、彼女たちの世話役であるアンナもまた、一生消えない強いトラウマと時折現れる亡き娘の幻覚で、少女達よりもなお危うい精神状態の「現実」を生きている。どこまで行っても終わりのない過酷な記憶と向き合うアンナは、しかし虚が実を前提に存在する以上、死んだ娘が目前で笑って居る事に、少女達がしたような説明は付けない。むしろ歪んだ認識によるカタルシスに希望すら得ている。聞き手を登場人物に同調させる文才と、耳に残る読み聴かせの技巧が合わさり、3人の繊細な心の叫びが、水々しい大自然の一部として鮮やかに描かれている。聴かせる事で本書の価値を高めた、複合的名作だと思う。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/03/19

がっかりでした

私が未熟だからかもしれませんが、良きものもありましたが、読んだあとの後味の悪さだけが残りました。
特に最後は・・、

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • shigetyann551
  • 2020/11/26

こどもの頃に戻りたい

聞き慣れた感じがする朗読で、子供の頃の純粋な想いが浮かび上がって来ました。さわがしい俗世の中で、ホンの一時、心に静けさが訪れたような
思いをしました。