最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

息子辰蔵をその剣術の師から褒められた平蔵は顔の筋肉がゆるみ放し、上機嫌で久栄に酒など命じていた。そのころ当の辰蔵は谷中の〔いろは茶屋〕で白粉の香に埋もれていた。この遊び金、じつは平蔵からもでていた。そうした遊所からとほうもない犯罪の手がかりをつかんで来ることもあり、「むだに遊ぶな。よいか…」と念を入れた上で、小遣いをやったりしているのである。が——   監督/今井直人・編集/三好達也
©ことのは出版

同じ著者・ナレーターの作品

白蝮に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。