最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

折から、江戸市中は平穏で〔下女泥〕騒ぎがあるくらいであった。それを忠吾にまかせ巣鴨村の三沢仙右衛門こと従兄の仙どのを訪ねた平蔵は、その帰りに通りかかった稲荷横丁の居酒屋からでてきた男に目を留めた。ずんぐりとした金壺眼の三十男。あれは確かに〔翻筋斗の亀太郎〕、平蔵自身が追い詰めたのをおそろしいほどの身のこなしで逃げ失せた門原の重兵衛一味の唯一の生き残りであった。  監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版株式会社

白と黒 (鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2018/01/12

新作こいこい

楽しみにしているシリーズです。
続きがでたら通知がこればいいのに。