最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

風邪が快癒した平蔵は、むさ苦しくのびた月代と髭のまま古着物で市中見廻りにでかけた。京橋のたもとで平蔵に声をかけた者がある。堂々たる巨躰に立派な髭の男。先に〔笹や〕のお熊が、泣き虫の不良息子が鍾馗様みたいになって江戸に戻ってきたが「人間というもなあ、あも変わるものかね」と噂していた、高木軍兵衛その人であった。が、当の軍兵衛は平蔵の正体を知らなかった。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

同じ著者・ナレーターの作品

用心棒 (鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。