最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

現代百物語 彼岸

著者: 岩井 志麻子
ナレーター: 梶山 はる香
再生時間: 5 時間 22 分
4.5 out of 5 stars (4件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

巣箱から除く邪悪な目。絶対に語ってはいけない話。死んでいるのに気付かない男。霊を届けにくる女……。彼岸と此岸の境を失ったとき、人は人ならぬものとなって彷徨う。大好評の実話怪談、第6弾!
(C) Shimako Iwai 2014, カバークレジット:清野陽平(KADOKAWA)

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 2018/07/12

人間とは怖いものだ

嘘をつく生き物は人間だけだ

しかも平気で

罪ではないからこそ口から出るのは嘘ばかり

嘘と証明できなければそれは真実でもある
、また逆でもある

作品に度々登場する女は本当に存在するのかしないのか

それもまた分からないことであり作り物だとしたら末恐ろしくもある

一気にシリーズを読んだが怪異は何も無かった

ある訳もない

霊感がないからかどうなのかそもそも霊感とは妄想や、厳格に近いものだと私は思う

証明するすべなどないのだから

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

同じ著者・ナレーターの作品