最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

上野山下の俗に提灯店と呼ばれる岡場所の〔みよしや〕娼婦およねの客に、小肥りの三十男なのだがいつもにこにこときげんがよく、女たちから〔兎ちゃん〕というあだ名で呼ばれている男がいる。その男から妙なものを預かったと、およねはやはりなじみである火付盗賊改方の密偵・伊三次に見せた。それは赤絹にくるまったろうのかたまりであった。(時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

猫じゃらしの女 (鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。