最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

八の宮の一周忌の支度で宇治を訪れた薫の君は、大君の態度があまりにそっけないので、意中をうまく伝えられず、匂宮と中の君とのことなどをお話になります。その夜、薫の君は大君のもとで過ごされますが、二人の関係が深まることはありませんでした。かえって薫の君を煩わしく感じた大君は、この先も独身でいようと決心します。
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

[88巻] 源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第四十七帖 総角 (其ノ一)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。