最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第四十一帖 幻 (其ノ一) 

再生時間: 1 時間
カテゴリー: 古典・神話
5 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

源氏の院は、何かにつけて生前の紫の上を思い出し、胸を痛めておりました。春、花々が咲き乱れるのを御覧になっても悲しい。
久しぶりに明石の君を訪ね、夜更けまで昔話をしても泊まらずに帰ります。明石の君はそんな仕打ちを恨めしく思いますが、あまりに落胆している御様子がお気の毒で、恨みも忘れ涙ぐむのでした。

(毎週水曜配信予定、全78/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。