最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第十三帖 明石 (其ノ一)

再生時間: 1 時間 11 分
カテゴリー: 古典・神話
4.5 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

嵐は何日も続き、都でも天変地異が起こっておりました。源氏の君は疲れからか、うとうとなさいますと、その夢枕に亡き桐壺院がお立ちになりました。そして、即刻須磨を去るよう仰せになります。お逢いになれたことがただ嬉しくて涙にむせぶ源氏の君。
そして翌朝、何かに導かれるようにして、明石の人達がお迎えに参りました。

(毎週水曜配信予定、全28/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。