最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第八帖 花宴

再生時間: 40 分
カテゴリー: 古典・神話
5 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

南殿で桜の宴が催され、藤壺の中宮も参上いたしました。その夜、酔いにまかせ、たま
 らぬ思いで藤壺のあたりをひそかにうかがい歩いていた源氏の君は、偶然、美しい女君
 と出あいます。が、一夜を共にし、互いに恋におちた朧(おぼろ)月夜(つきよ)の君は、政敵右大臣家の娘、
 つまり、源氏の君を目の敵にする弘微殿(こきでん)の女御(にょうご)の妹であるようです。

(毎週水曜配信予定、全17/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。