最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第五十帖 東屋 (其ノ一)

再生時間: 1 時間 6 分
カテゴリー: 古典・神話
5 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

八の宮の忘れ形見・浮舟を連れて常陸(ひたち)の守(かみ)と結婚した中将の君は、美しく成長した我が子に良縁を授けたいと願い、左近の少将に目をつけます。しかし、左近の少将は浮舟が常陸の守の継娘であるとわかった途端、妹の方に乗り換えてしまうのでした。落胆した中将の君は浮舟をしばらく世間から隠そうと、異母姉にあたる中の君のもとへ預けます。
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 雨情枝垂れ
  • 2018/02/08

細かい差別の刻み

浮舟の母中将の君の目で見た夫と少将と匂宮 の生態が興味深い。結婚を巡って差別にがんじがらめになって生きている苦労がしのばれた。歌舞伎の世話物のような世知辛さで、平安貴族の世渡りの様が裏や表から描かれている。