最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第二十三帖 初音

再生時間: 51 分
カテゴリー: 古典・神話
4 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

新年を迎えました。源氏の君は紫の上と祝い言をかわされてから、美しく磨かれた六条の院を明石の姫君、花散里、玉鬘の順に巡ります。そして日が暮れる頃、明石の君を訪ね、そのまま夜をお過ごしになりました。明けて二日は臨時の招宴があり、数日後、今度は二条の東の院の末摘花や空蝉のところへお顔を出されました。

(毎週水曜配信予定、全45/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 0 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 0 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。