最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第三十二帖 梅枝  

再生時間: 1 時間 3 分
カテゴリー: 古典・神話
4.5 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

正月の末、六条で薫物(たきもの)合わせが行われました。
源氏の君の「侍従(じじゅう)」、紫の上の「梅花香」、花散里の「荷(か)葉(よう)」、明石の君の「百歩(ひゃくぶ)の方(ほう)」、いずれも優劣つけ難く、判者の蛍兵部卿は皆に花を持たせました。源氏の君は、明石の姫君の入内支度の草子類を御覧になり、仮名について論じます。一方、内大臣は末娘・雲居の雁の行く末を憂えておりました。

(毎週水曜配信予定、全56/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。