Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 800 で購入

¥ 800 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

 皇子誕生をお喜びになる帝とはうらはら、思い乱れ悩みつきない源氏の君でしたが、そ
 んなとき、源(げん)の典(ない)侍(しのすけ)という大変色好みな年増のもとへ、これも一興と忍んで行かれます。
 すると、後をつけていた頭(とう)の中将(ちゅうじょう)と鉢合わせしみっともない姿を見られてしまいます。
 この一件を後々までからかわれ、くやしい思いをいたしました。

(毎週水曜配信予定、全16/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

[16巻] 源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第七帖 紅葉賀 (其ノ二)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。