最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第七帖 紅葉賀 (其ノ一)

再生時間: 50 分
カテゴリー: 古典・神話
4.5 out of 5 stars (4件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

帝の行幸(みゆき)をご覧になれない藤壺の宮のため、予行演習で青海波(せいがいは)を舞われた源氏の君のお
 姿は、誰もが感涙するほどご立派でした。
 近頃、正妻・葵の上にとっては何かと面白くないことがおありですが、気位が高すぎる
 為か邪推もせず、夫婦間は冷めてゆくばかりです。
 そして、藤壺の宮は源氏の君と生き写しの皇子をお産みになりました。

(毎週水曜配信予定、全15/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。