最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第一帖 桐壺 (其の二)

第一帖 桐壺 〈其のニ〉
再生時間: 36 分
カテゴリー: 古典・神話
4.5 out of 5 stars (9件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

五年後に参内した藤壺の宮は、亡くなった更衣と生き写しで、帝の悲しみもどうにか静まります。
 光源氏と呼ばれるようになった若宮は、藤壺の宮に母親の面影をかさねて慕うのですが、
 いつしかそれはもっと特別な感情となって心の中を占めてゆきました。
 元服し、左大臣の娘・葵(あおい)の上と結婚しても、光源氏のこの思いは強くなる一方です。

(毎週水曜配信予定、全2/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔
カスタマーレビュー
総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。