最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語(四) 夕顔(ゆうがお)

ナレーター: 岡崎 弥保
再生時間: 1 時間 51 分
カテゴリー: 古典・神話
5 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

与謝野晶子による現代語訳を朗読しオーディオ化しました。多様な人物たちの織り成す複雑な心理描写を、分かりやすく情感豊かに読み上げました。またそれぞれの帖の冒頭では翻訳者の与謝野晶子が、その帖の内容を一首の歌にして見事に表現しています。源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。源氏物語 第四帖 夕顔(ゆうがお) -源氏は、従者惟光の母でもある乳母の見舞いに訪れた際、隣家の垣根に咲く夕顔の花をきっかけにその家の女主と出会い、興味を持つようになる。源氏は身分を隠しながらも、惟光の手引きで夕顔のもとへ通うようになり、だんだんと心を奪われていく。八月の十五夜、源氏は荒れ果てた帝室の某院へと夕顔を連れ出した。気味の悪い屋敷に怯えながらも、夕顔は次第に打ち解けていく。その夜、寝入った源氏の枕元に女性が現れ、恨み言をいって夕顔に手をかけようとする。源氏が驚いて目を覚ますと、夕顔はそのまま息を引き取ってしまった。夕顔の死に嘆く源氏は、惟光に命じて弔いを済ませるも、帰りの途上で落馬して床についてしまう。病も回復した頃、夕顔には幼い女の子がいることを源氏は知り、探し出して引き取りたいと考える。十月、空蝉は夫とともに任地へくだり、源氏の元から去っていく。時雨の初冬、源氏は人目を忍ぶ恋の苦さを思うのであった。
(C)PanRolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。