最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語(十三) 明石(あかし)

ナレーター: 岡崎 弥保
再生時間: 1 時間 31 分
カテゴリー: 古典・神話

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

多様な人物たちの織り成す複雑な心理描写を、分かりやすく情感豊かに読み上げました。またそれぞれの帖の冒頭では翻訳者の与謝野晶子が、その帖の内容を一首の歌にして見事に表現しています。源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。源氏物語 第十三帖 明石(あかし) -雷雨はなおも続き、ついには邸が雷に打たれて一部炎上してしまった。そして雷雨の収まった明け方、源氏の夢に亡き桐壺帝が現れて、「住吉の神の導きに従って、すぐにその地を離れるように」と告げた。翌日、明石の入道が神のお告げを受けたと言い源氏を迎えに来たので、源氏は昨晩のお告げに従い、入道の申し出を受けて明石へと移った。源氏を迎えた入道は、娘を源氏に差し出そうとしていたが、娘は身分の違いから気が進まずになかなか心を開かなかった。それでも入道の取りなしや文のやり取りを経て、八月、ふたりはついに契りを交わし、やがて娘は源氏の子を身ごもった。一方都では、源氏追放を企てた弘徽殿大后が病に倒れ、眼病で弱っていた朱雀帝はついに源氏の免還を決意した。都に戻ることになった源氏は、明石の娘にいつか必ず都へ迎えることを約束して、帰京の途につくのであった。
(C)PanRolling

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。