最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

平蔵の配下の妻が白昼殺され、緊迫する火付盗賊改方であったが、今度は押し込みが起きた。
平蔵達は激怒するが敵が何者なのかわからないでいた__。
一方で、平蔵宅に忍び込んだ老盗賊の浜崎の友蔵のところに助働きの頼みがくる。
人質をとられた為、断れない。浜崎の友蔵の舟を使った助働きが必要としたのは生駒の仙右衛門である。
鹿山の市之助と組んでの盗みを計画していたが_。
©ことのは出版

流星に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。