Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★一夫多妻でも叩かれない。主義主張が少ないから、敵がいない。明治の元勲に学ぶ、中谷流「群像」処世術。
★「歴史」というと暗記科目の代名詞。興味のないことを覚えるほど、つらいことはありません。でも、つらかったのは「テストに出る歴史」だったのです。「勉強の面白さは、プロセスにある。結果を知っているのに、スポーツニュースを見る。これはプロセスを味わいたいから。プロセスを味わうのが、歴史を学ぶということ。」人物の物語を、映画を観るように味わい尽くす。歴史を学ぶことの本質、中谷さんから伺いました。
★月ナカ172――7つの学び
○「出来事ではなく、人間に歴史が存在する。」
○「伊藤博文は女好きではない。人助けが好きなだけ。」
○「主義主張が少ない。だから、敵がいない。」
○「婦人4人でも、叩かれなかった明治の元勲。」
○「ストレスは、庭で癒そう。」
○「明治時代の発展は、少人数即決が根底にあった。」
○「東京が都になったから、京都が発展した。」
©2022 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏172「勉強は、テストに出ない所が面白い。」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 大いな正午
  • 2022/03/18

引き出しを増やすことで、生きやすくなる

伊藤博文の生き様、真似したくなります。主義主張を持たない、他人を助ける、財産を残さない。新しい引き出し、考え方を増やすことで人生が豊かになります。