Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★今だからこそ味わえる、和歌と俳句。中谷先生の第1回「国語」講座。
★和歌と俳句。知っているものは、いくつもあるかと思います。でも、それを味わえているかということになると、どうでしょうか。春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山 有名な持統天皇の歌です。夏到来の驚きを歌っているとされていますが、中谷さんは「神様の山に、洗濯物を干していいの?」と問いかけます。「持統天皇は天智天皇の娘で天武天皇の奥さん。波乱万丈の人生を送っていて、根性がある。新古今集は、幻想や妄想をベースにしている。この歌も――」から始まる中谷さんの謎解きには、とても驚かされました。なれ親しんだ和歌や俳句の背景に広がる世界と奥行き。和歌と俳句を味わう教養、中谷さんから教わりました。
★月ナカ160――7つの学び
○「日本の芸術の本質は、和歌。西洋は、詩。」
○「万葉集は、ますらおぶり、古今集は、たおやめぶり。」
○「愛とは、得た充実感。恋とは、満たされぬ想い。」
○「新古今和歌集は、星飛雄馬の消える魔球。」
○「紀貫之は叩き上げ。気が使える人物。」
○「恋愛の25パターンを、歌に詠んだ。」
○「子規の『柿食えば――』は、漱石へのアンサリングソング。」
©2021 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏160「和歌と俳句」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。