Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★先哲の教えで、元気ハツラツ。哲学を人生に活かす、中谷流「現実超越」人生術。
★行き詰まってしまうのはなぜでしょうか? それは「自分の頭で考える」からかもしれません。自分で考えて行動する。これは一見すばらしいことなのですが、見方を変えれば、自分だけが頼りという心もとない状況ともいえます。そんなときこそ、哲学に目を向けてみましょう。ジョン・デューイ、ジャン=ジャック・ルソー、ニーチェ。こうした先哲たちの視点や視座をを取り入れれば、もっと高い視点で、もっと広い視野が手に入るはず。哲学の力を借りて、壁を乗り越えましょう。哲学の活用法、中谷さんから伺いました。
★月ナカ145――7つの学び
○「デューイの実用主義で、行動しよう。」
○「ルソーが、『人格』を発見した。」
○「白紙で生まれた人間は、経験で格が決まる。」
○「『神様はこう言うけど、ほんとかね?』が懐疑主義。」
○「シュールレアリストは、モテる。」
○「ニーチェは、超前向き。」
○「『とりあえずやってみよう』が、可謬主義。」
©2021 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏145「哲学は、青春ドラマだ。」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 大いな正午
  • 2022/03/10

哲学について新しい光の当て方を学べます

実用主義、ニーチェ、キルケゴールから現代アートへの話の展開が、すっごく斬新です。