Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★作品が、人を選ぶ。作品に呼ばれる人になる、中谷流・リスペクト芸術鑑賞術。
★これまで、仏像を観るることは何度かありましたが、正直なところ、よくわかりませんでした…(笑)でも今回の中谷さんのお話で、全体像が一気に理解できました。こういう話をもっと早い時期に聴いておきたかった――心からそう思える内容です。芸術作品を鑑賞するためには、やっぱり知識が必要。仏教、仏像、そして時代についての知識識が、芸術作品を鑑賞する目を養ってくれます。すると不思議なもので、そういう目を持った人には、芸術作品のほうから声をかけてくるようになるのです。作品から声がかかる、教養の習得法、中谷さんから伺いました。
★月ナカ143――7つの学び
○「早寝すれば、罪悪感がなくなる。」
○「翌朝の楽しみを、準備しておこう。」
○「お能は、物語の原点。」
○「異界に接すると、生きるエネルギーがわいてくる。」
○「芸術的価値がわかれば、信仰が目覚めてくる。」
○「芸術品が、観る人を選ぶ。」
○「愛とリスペクトで、仏像に接しよう。」
©2021 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏143「芸術品が、見る人を選ぶ。」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。