最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

富ヶ岡八幡宮門前で、平蔵は顔見知りの旗本・宮口伊織に気づいた。声をかけようと近づきかけた、その瞬間、酒に酔ったらしい老爺がふらふらと茶屋から出てきて、出会い頭に伊織に突き当たり「あっ…ごめん下せえまし」あわてて逃げていった。「見たか、粂八」「へい。爺いのくせに、みごとなもので…」老爺が伊織の懐中物をみごとに掏摸盗っていたのを見逃さながったのである。  監督/今井直人・編集/三好達也
©ことのは出版

同じ著者・ナレーターの作品

春雪に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。