最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

  • 影法師

  • 鬼平犯科帳より
  • 著者: 池波 正太郎
  • ナレーター: 三好 翼
  • 再生時間: 1 時間 9 分
  • 2.0 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

火付盗賊改方の同心・木村忠吾は、同輩の吉田藤七の四女おたかとの婚礼を十日後に控えていた。 (もう二度と、無茶なまねはできなくなる…) 忠吾は役宅内の長屋をとびだした。盗賊改方いち女遊びが激しかった男の向かった先は品川宿の遊女屋・巴屋、めあては抱え女郎の千代菊である。 (こりこりした肌身だったっけ…)と足を速める忠吾を、実は尾行している男がいた。 編笠をかぶった浪人ふうの男である。 鬼平犯科帳104話 監督/今井直人・編集/三好達也 【鬼平用語】 池波正太郎は多くの盗賊用語を造語しています。 鬼平世界に欠かせない素晴らしいセンスの言葉たちをいくつかご紹介しましょう。 「つとめ」盗め、と書く。盗みのこと。「はたらき」などとも 「急ぎ働き」入念な準備をしない、力ずくの手荒な盗み 「畜生働き」殺生や強姦を伴う盗み 「独り働き」単独犯 「流れづとめ」色々な盗賊団を移り渡り盗みをする者 「鼠働き」短時間で行う少額の窃盗 「いぬ(狗)」盗人稼業から足を洗いお上の密偵となった者 「引き込み」盗みの標的の家の関係者となって手引きをする者。内通者 「たらしこみ」盗みの標的の家の男に色香で近づき情報を引き出す役割の女 【作者 池波正太郎】 1923年 1月25日 浅草 生 1935年 小学校を卒業後、株式現物取引店田崎商店に奉公に出、その後、株式仲買店松島商店・国民勤労訓練所などで働く 1943年 出征。終戦とともに東京に戻り、働きながら戯曲や小説を書き続ける 1956年 『錯乱』直木賞受賞 1967年 「オール讀物」『浅草御厩河岸』にて長谷川平蔵が世に出る 好評を受け連載となり、第一話『唖の十蔵』などが書き足された 1968年 「オール讀物」『唖の十蔵』に「鬼平犯科帳」の題名が付される。担当編集者の考案による命名である 1972年 「小説新潮」に『剣客商売』、「小説現代」に『仕掛人・藤枝梅安』を発表 1990年 没 享年67歳 【関連作品】 ドラマ・映画・舞台・アニメ・漫画・研究書・・とそれぞれに魅力的な様々な鬼平とその世界が味わえるのも、本作の魅力のひとつである。 テレビドラマ> 〇主演.八代目松本幸四郎『鬼平犯科帳』『新・鬼平犯科帳』1969年〜1970年、1971年〜1972年 〇主演.八代目松本幸四郎『鬼平犯科帳』1975年 〇主演.萬屋錦之介『鬼平犯科帳』1980年〜1982年 〇主演.二代目中村吉右衛門『鬼平犯科帳』は、1989年〜2016年 テレビアニメ> 鬼平誕生50周年を記念して作られた。2017年〜2018年 監督・キャラクターデザイン.宮繁之 : 声優.平蔵 - 堀内賢/ おまさ - 朴璐美/ 辰蔵- 浪川大輔 漫画> さいとう・たかを作画・久保田千太郎脚色 などなど
©ことのは出版

同じ著者・ナレーターの作品

影法師に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 2 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 2 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 2 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。