最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

浅草観世音の絵馬堂の前で、おまさは昔なじみの老人にばったり再会した。上方から江戸にかけてその道では知られた盗賊〔瀬音の小兵衛〕であった。5年も前に足を洗って江戸を去ったはずの小兵衛が、おまさに両手をついて「少ねえが二十両で、引きうけておくれ」と頼むのであった。――その夜、おまさは平蔵を訪ねた。「長谷川さまに、御ねがいがあって、まいりました」「なんだ、な?」
(C) ことのは出版

女賊(鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。