Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★映画で学ぶべきは「会話」。テンポよく展開する、中谷流・セリフ鑑賞術。
★「ピンクの下着はお好き?」と聞かれれば「大好きだよ」。「飛ぶスピードはどれくらい?」と聞かれれば、抱き上げて飛び立つ。「あなたピーターパンなの?」と問われれば「ピーターパンは子供と飛ぶんだよ」。めいっぱいのリアクション、具体的に行動に移す、教養あふれる返し。映画「スーパーマン」から学ぶべきもの、それは大人のリアクション。もう1本は「昼下がりの情事」。オードリー・ヘップバーンの主演作。こちらも、会話のテンポと深みが味わえる名作です。「次の展開」に行くための会話術、中谷さんから教わりました。
★別ナカ176――7つの学び
○「『かっこいいルパン』になるのは、一瞬。」
○「カメラにウィンク。この瞬間、この映画の世界観に惹き込まれた。」
○「『好き』ではない。『大好き』でノリがよくなる。」
○「怒らないし、気遣いもある。悪にも、品格が必要。」
○「若気の至りは、リアリズム。背伸びは、想像力。」
○「カルテットは観客目線。神様目線。」
○「タイトルバックは、一番大事。モティーフが現れている。」
©2022 中谷 彰宏

別冊・中谷彰宏176「背伸びをしよう。」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。