最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

★ストーリーは、二の次。香りを味わう、中谷流・フランス映画鑑賞術。
★男性にとって、意味不明なのがフランス映画。「え、なんでここで終わるの?」「え、こんな不条理あり?」そんな男性の声を尻目に、女性はうっとり、じんわり。「フランス映画は、ポエム。たとえるなら、お線香。実体は、香りだけ。お線香でも火でもない。香りを味わうのが、フランス映画。」と中谷さん。今回ご紹介するのは「ペンギン・ハイウェイ」「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」「タンゴ」「イヴォンヌの香り」の5作。いずれも、映画ならではの芳香香りを楽しませてくれる名作です。
★別ナカ165――7つの学び
○「青山くんは、自分の世界を持っている。」
○「命令するのではなく、選択肢を示そう。」
○「『不思議で面白い』は、最高の「好き」の表現。」
○「多くの問題は、一つの問題である。」
○「幸せの絶頂で封じ込めたいのが、女心。」
○「恋愛による罪は、無罪。」
○「フランス映画は、お線香。実体は、香りだけ。」
©2021 中谷 彰宏

別冊・中谷彰宏165「ペンギン・ハイウェイ」「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」「タンゴ」「イヴォンヌの香り」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。