2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

糠雨がふるなか〔大滝の五郎蔵〕に伴われて、以前〔盗賊人相書〕事件において重要な役割りをつとめた町絵師石田竹仙が、一枚の絵を携え、平蔵を訪ねて役宅に来た。——その日の朝、一人の男が家の裏庭に倒れて死にかかっていたのだと言う。おもわず抱き起し、何度も強くゆすぶると男はうすく眼をあけたが「武助に、やられた…と、十日のお盗めは、だめ…」といってがっくりと息絶えたのだと言う。 監督/吉田純子・編集/三好達也
©ことのは出版株式会社

五月雨坊主に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。