最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「鬼平犯科帳」番外編!
書籍「鬼平犯科帳」の一巻よりも前の、長谷川平蔵が”火付盗賊改方”の頭になっていない頃〜頭になるまでの話が描かれています。
足袋問屋・加賀屋治助の女中であるお松は勘蔵という男にさんざんにもてあそばれ、捨てられた。
勘蔵がお松を捨てて姿を行方知らずになる前の晩、「まるで、不作の生大根をかじっているようだ」と言った一言がお松の耳に焼き付いていた。
その後、お松は出かけた先で勘蔵を見かけ、とっさに後を付ける。さらに勘蔵を殺してしまう・・・。
©ことのは出版

乳房に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。