最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

「世間体を守るためにする努力なんてバカのすることだ」
 

志の輔、志らく、談春など、名だたる落語家の生みの親であり、
政界進出、二日酔い会見、『笑点』の立ち上げなど数々の伝説を残した、
落語界の永遠の革命児・立川談志、没後10周年記念本。
談志を語る時、「破天荒」という言葉が使われることが多い。
数々の争いを起こし、敵を作るのを厭わなかった談志評として間違ってはいない。
だが、果たして本当にそうだろうか。「破天荒」というのは、あくまでもメディアに切り取られた一面でしかないように感じる。
談志が亡くなって10年。談志を師と仰ぎ、10年間前座時代を過ごした著者が思うのは「談志は不器用で優しくて厳しい人間だった」ということだ。
師匠が亡くなってからも著者の心を支え続けた談志の名言を新解釈でお届けする。
 

【目次より】
第1章 成功と努力
第2章 仕事の流儀
第3章 幸せと金と欲望
第4章 社会と優しさ
第5章 何を信じるか

©2021 Dankei Tatekawa (P)2021 Sunmark Publishing, Inc.

不器用なまま、踊りきれ。 超訳 立川談志に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。