最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ちよの負けん気、実の父親 物書同心居眠り紋蔵(十一)

著者: 佐藤 雅美
ナレーター: 三好 翼
シリーズ: 物書同心居眠り紋蔵
再生時間: 8 時間 19 分
5 out of 5 stars (41件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

八丁堀小町と呼ばれているちよは、料理茶屋・観潮亭の看板娘として評判を得ていたが、抜群の三味線の腕を持つみわに看板娘の座を取って代わられる。さらに、みわの出生の秘密を知り、負けん気を起こしたちよが「あたいは公方様のお姫様かもしれない」と思い込み……。器量よしの娘と三味線の名手の娘、ふたりの看板娘の自負心が引き起こす厄介事に周囲の大人はてんてこまい!表題作他全8編収録の捕物帖第11弾。
©佐藤 雅美

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    34
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    30
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    32
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • みぃ
  • 2018/07/24

三好翼さん、大好きなんですが・・・

ずっとシリーズで聞いています。内容は文句なし!安定の面白さです!
原作も大好きなので読んでいるのですが、三好翼さんのナレーションが大好きで、原作の面白さをより引き出してくれます。が、何故か、このタイトルだけ(?)三好翼さんの声がかすれているんです。それが気になって気になって・・・。登場人物のセリフなどは大丈夫なんですが、途中のナレーションの声が「ひっくりかえった」ような。
できれば、調子のよいときに取りなおしてほしいくらいです。大好きなだけに残念でした。

3人中3人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • コバ
  • 2018/07/03

声が…

読み手の方の声が頻繁に裏返る、または裏返りかけるのが気になってしまい、非常にストレスを感じた。声の調子がおかしかったのかもしれないが、有料サービスである以上、ある程度のクオリティは担保してほしい。

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かっちゃん
  • 2018/07/07

話の筋が通っており楽しい話です。

ナレーションの語り口も軽妙で、江戸の暮らしや仕組みがよくわかります。
仕事の仕方や人々の生き方が現代の我々の参考になります。

2人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。