最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

木村忠吾の最近の市中見廻り用浪人姿は、月代も剃らず総髪の着ながし姿、しっかりと役目に身を入れたものである。そのなりで目黒不動門前の〔桐屋〕の久栄の大好物の黒飴を買っていると、肩を叩かれた。「網掛けの人、久しぶりでござんしたねえ」ずんぐりした町人が「今度は、江戸で、お盗めでござんすか?」とささやいてきたものである。 鬼平犯科帳96話 監督/今井直人・編集/三好達也
©ことのは出版

さむらい松五郎に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。