最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

諸国を股にかけた盗賊鈴鹿の又兵衛も六十歳、浅草・田原町の足袋屋〔つちや善四郎〕方にあずけている十八になる一人娘・お雪と「父娘いっしょに暮してみてえのよ」と、廃業を考え、〔おさめ金〕を用意するための急ぎ盗の算段をしていた。そんなある日、お雪に“虫”がついたことを知る。その虫は木村忠吾―火付盗賊改メの同心であった。(時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

同じ著者・ナレーターの作品

お雪の乳房(鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。