最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

『お伽草子』より 「カチカチ山」「瘤取り」

著者: 太宰 治
ナレーター: 熊倉 一雄
再生時間: 41 分
カテゴリー: 名作文学

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

『お伽草子』は、戦争末期の昭和20年、米軍の空襲の度に、人々は家の庭に掘った防空壕に待避した。そんな中で父親が子供たちにおとぎ話を聞かせる、と云う設定で書かれた作品である。昔からよく知られたお伽話を太宰独特のおどけと風刺に満ちた物語に仕上げている短編集で、他に「浦島さん」「カチカチ山」がある。熊倉一雄の独特の語り口は、まさにこの作品の雰囲気を遺憾なく伝えてくれている。
(C)2009株式会社スタジオ・エコー

『お伽草子』より 「カチカチ山」「瘤取り」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。