Owen Jones
著者

Owen Jones

著者オーウェン・ジョーンズは南ウェールズのバリー出身で、成人してからずっと文章を書き続けてはいますが、小説を書くようになったのは比較的最近です。彼はいくつかの国で働いた経験があり、また更に多くの国を旅しては渡り歩いています。 彼は7ヶ国語を流暢に話し、現在はタイ人の妻とタイに10年住んでいることから、タイ語を習得しています。 「一言語を学ぶのにそんなに時間がかからないんだ。」と彼は言います。「私はケルト人で、ケルト人はロマン主義。私は輪廻転生やそれ以上のものを信じている。そういった信仰や、自分がしてほしいように相手に接することや、『来るものと去るもの』や、運命や、カルマなどが人生の中心にあり、私の作品にも反映されている。」 彼の最初の小説である『笑顔の裏側(パタヤのバーガール・レックの物語)』シリーズの『パパの道楽』には6本の続編が続きます。また、彼の最大の小説集である『メーガン・シリーズ』は21編の物語から成り、10代の少女の霊的な成長が描かれています。副題の『魂の導き役とトラの幽霊と恐ろしい母』にその概要がうまくまとめられています。

続きを読む 一部を表示

ベストセラー

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。