若松 英輔
著者

若松 英輔

1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家。 2007 年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14 回三田文学新人賞受賞。 2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて第2回西脇順三郎学術賞受賞。 2018年詩集『見えない涙』で第33回詩歌文学館賞を受賞。 2018年、『小林秀雄 美しい花』で角川財団学芸賞を受賞。 2019年、『小林秀雄 美しい花』で蓮如賞を受賞。 著書に『井筒俊彦 叡知の哲学』(慶応義塾大学出版会)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『イエス伝』(中央公論新社)『霧の彼方 須賀敦子』(集英社)『言葉の贈り物』『弱さのちから』(亜紀書房)など。
続きを読む 一部を表示

ベストセラー

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。