最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

コロナウイルスが全世界を席巻するなか、いち早くマスクマップアプリを開発。
世界に名を馳せた台湾のデジタル担当相には、逸話が多い。
いわくIQ180、学歴は中卒、独学でプログラミングを学び、シリコンバレーで成功した起業家、1ページ0.2秒で資料を読む、トランスジェンダー、学生運動を支持する無政府主義者――ハンドルネーム“Au”で知られる天才シビックハッカーのすべてを、気鋭の台湾人ジャーナリスト2人が徹底解剖する。特別付録「台湾 新型コロナウイルスとの戦い」収録。

〈オードリー・タンの言葉〉
「天才とみなされない多くの人々には、自分にしかない輝きがある。
天才とみられる多くの人には、自分にしかない闇がある」
「誰でも、最後に行く道は与えられたコースではなく、自分の命の赴く方向なのです」
「人はデフォルトではその人自身なのであって、特定の性別ではない」
「人工知能は永遠に人間の知恵に取って代わることはない」
「うわさは、真実よりも格段に速く伝わる。情報や通信について学んだ者ができることは必ずある」

〈オードリー・タン7つの習慣〉
・本はほとんどiPad Proで、必ずデジタルペンを使って読む
・大部の資料を頭に入れるには、寝る前に全ページをめくり、その後最低8時間眠る
・2か月に1度、常に新しい習慣を身に付けるようにする
・大勢の人のために行うことは、大勢の人の助けを借りる
・したいことをする時に、性別は考えない
・ネット上から人の作品をダウンロードしたら、自分の作品もアップロードする
・体験した出来事や物事を、短い言葉に要約する
©アイリス・チュウ/鄭 仲嵐 (P)2020 Audible, Inc.

Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2021/03/28

憶測から入り断言に変える

この本は
オードリー・タン自身の著作ではありません。

要注意なのは、
①タン自身の感情
②タンが影響を受けた著作や出来事
③タンの行動の動機
を、
憶測「かも知れない」
から入り、
断定「となった」「である」
で締め括る文です。

お勧めしません。

情報は、ソースの存在を先に忘れてしまいます。

オードリー・タンが、この著書の人格と混同されてイメージ付けられる危険があります。
そのためせっかくオードリー・タンをモデルに目指しても違う何者かをフォローしていく事になりかねません。

情報量は多いため、
「これは真実、これは憶測」
と注意して頭に叩き込むのであれば使えます。
しかし、あまりにも憶測による断定が多い為、私としては得る情報に対して労力がかかりすぎます。
また、やはり憶測による断定があまりにも多い為、注意していても誤って記憶する事も否めません。

そういった曖昧な内容を、感情豊かなナレーションが増長させている感があります。

この本全体が感情的です。
自分自身への決定事以外を決める場合には、感情的さは自分の把握している事だけで物事を断定する姿勢に繋がります。
例えば、物事を望む通りに進める為に、大袈裟に悪い点を強調するマスコミなど、感情を煽り操作する者にに煽動され易くなります。

お勧めしません。