Audible会員は対象作品が聴き放題、2か月無料体験キャンペーン中

  • 講談 古典怪異譚 十五

  • 著者: 旭堂 南湖
  • ナレーター: 旭堂 南湖
  • 再生時間: 1 時間 46 分
  • 1.0 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

2024年2月29日まで2か月無料体験キャンペーン中!詳細はこちらをご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『講談 古典怪異譚 十五』のカバーアート

講談 古典怪異譚 十五

著者: 旭堂 南湖
ナレーター: 旭堂 南湖
2か月間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥ 1,600 で購入

¥ 1,600 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

上方講談 古典怪談の世界
故きを温ねて新しきを知る。
名調子で語る「日本の怪談」ここにあり。


五福屋政談 その17「悪運」(28分)
江戸の茶道具商五福屋の番頭与助、主人又蔵の妹お豊に思いをかけたが、思いの叶わぬ意趣ばらし。五福屋の有り金を残らずかっさらい、江戸を逐電した。
ところが蔵の中に置き忘れた提灯から蔵に火がつき、中にあった茶道具はすっかりと焼けてしまう。これによって五福屋は倒産のやむなきに至ったが、又蔵の妹お豊は覚悟をして、二百両の金で吉原へ身を沈め、玉菊花魁となり、万人と枕を交わす女郎となってしまった。さあ、どうなる。

五福屋政談 その18「与助の召し捕り」(27分)
江戸横山町の五福屋又蔵の番頭与助、店の有り金をかっさらい、高価な茶道具まで持って飛騨の高山へ逃げたが、みの屋という宿の後家を手に入れ、ズルズル入り込んだ。
名前もみの屋伝助、江戸育ちの商人だけに賢い。たちまちの内に土地のやり手となった。五福屋ではお豊が身を売り、二百両の金で再興できた。与助の奴、このまま飛騨の高山でジッとしていれば、生涯無事でいられたものを…。さあ、どうなる。
他二篇
五福屋政談 その19「大工滝蔵」(25分)
五福屋政談 その20「お吉と滝蔵」(26分)


旭堂 南湖(きょくどう なんこ) プロフィール
講談師。
1973年生まれ。
滋賀県出身。
大阪芸術大学大学院修士課程卒業。

1999年、三代目旭堂南陵(無形文化財保持者・2005年死去)に入門。
2003年、大阪舞台芸術新人賞受賞。
2010年、文化庁芸術祭新人賞受賞。
2015年、『映画 講談・難波戦記-真田幸村 紅蓮の猛将-』全国ロードショー。主演作品。
2019年、CD「上方講談シリーズ4 旭堂南湖」発売。「血染の太鼓 広島商業と作新学院」
「太閤記より 明智光秀の奮戦」収録。

OKOWA胎動出場
怪談グランプリ2019出場
怪談最恐戦2019ファイナル出場
東大阪てのひら怪談優秀賞受賞

ZOOMを使った「オンライン講談教室」も好評。
講談や怪談の語り方をマン・ツー・マンで懇切丁寧に指導し、普及に努めている。
©2023 PanRolling

講談 古典怪異譚 十五に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 1 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 1 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 1 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。