最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介

浅草歌劇の踊り子で「レヴィウ団の女王」とうたわれていた水木蘭子は、時折現れる「盲目の男」に辟易していた。
蘭子の大理石像に執拗な愛撫をして見せたり、馴染みの按摩に成り代わって蘭子のマッサージに現れたり…… 蘭子は彼の存在を不気味に思っていたが、それだけでは終わらなかった。

その日、座がはねた後、蘭子は恋人の使いと偽る自動車によって連れ去られ、麹町の住宅街の屋敷の中にある地下室へと連れ込まれる。
そこには奇妙なオブジェが林立していた。それは女性の様々な部位を様々な素材をもって形どった、狂気じみたものであった。

地下室の主は例の「盲目の男」であった。
彼は父の死で莫大な財産を引き継いだが、生まれつきの盲目で何も見ることが叶わない。
ならば「触覚」こそが唯一無二の享楽だと悟った彼は、妻以外の女の身体に触れたことでその快楽に目覚めたのである。

そして、彼が興味を持ったのは世間でも評判になっていた蘭子の身体であった。

彼は蘭子に頼み込んだ。「わしをお前さんの奴隷にしてくれ」と……

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ) 日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。
©2019 PanRolling.

盲獣に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。