最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

満腹全席 五代目桂文三

ナレーター: 五代目 桂 文三
再生時間: 不明
カテゴリー: 落語・寄席・演芸

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

     五代目 桂 文三(かつらぶんざ):1967年7月25日生まれ、大阪府柏原市出身。1991年五代目桂 文枝に入門し、桂つく枝、2009年5月16日に五代目桂 文三を襲名。2000年、なにわ芸術祭新人賞を受賞。出囃子は「助六上がり」。

平成21年(2009年)12月26日 ヨシモト∞ホール大阪にて収録。


【収録作品】

・「時うどん」

(あらすじ)夜中、うどんを食べようということになった喜六と清八。しかし、合わせて十五文しか持ち合わせがなく、うどん代の十六文に一文足りない。そこで知恵の働く兄貴分が、勘定の際に時刻を聞くふりをして、見事に一文ごまかす。これは痛快と早速次の日、喜六は喜び勇んでまねるのだが…。

・「祟徳院」

(あらすじ)大店の若旦那が気病いで患いついてしまった。出入りの熊五郎が胸のうちを聞き出すと、高津神社で出会った娘さんに恋をしたという。が、どこの誰かはわからない。手掛かりとなるのは、その人から受け取った祟徳院の歌の上句だけ。病状は余談を許さず、親旦那は相手を見つけ出せば、多額の礼をすると約束する。褒美がもらえるとあって、熊五郎は大阪中を歩き回るが…。



本作品に収録されている音声は、収録時の録音技術、録音環境に起因して、一部お聞き苦しく感じられる場合がございます。また、演目により現在では不適切な表現が使われている場合がございますが、古典落語の文化を尊重し、音声処理を行わず、収録時のままの音声を使用しております。予めご了承ください。    

©2010 YOSHIMOTO

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。