最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

湖畔亭事件

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: 西村 健志
再生時間: 4 時間 35 分
カテゴリー: 名作文学
4.5 out of 5 stars (6件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     <内容紹介>
「A湖畔の怪事件」と言う事件がある。発生から五年経っても未解決なばかりか、人はもちろん、奇怪なことには、被害者さえも、実ははっきりとは分っていない有様で、警察もとうにさじを投げているという怪事件だ。その真相を知るのはこの世に立った二人だけ。その一人がこの私なのだ……
 

      まずは私の倒錯的な趣味について話す必要があるが、私は所謂「レンズ狂」だ。レンズと鏡を組み合わせて、様々なものを覗き見るという欲求を果たす――よもやこの趣味が元で殺人事件に巻き込まれることになろうとは……
 

      そう。湖畔亭に施した仕掛けが映し出したのは、まさに殺人現場の光景だったのだ。更に奇怪な事に現場の浴場には血痕だけが残され……死体が無かったのである……
 

    <江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>
日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。    

©2018 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。