最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

日本人がSFを語る上で絶対に外してはいけない作家、海野十三。数多くのSF作品を執筆し、他にもシャーロック・ホームズをもじった「帆村荘六」シリーズや、丘丘十郎の名で科学小説を執筆したり、蜆貝介、栗戸利休の名で科学解説記事を、京人生の名で漫画、海十斎の号で俳句や川柳を発表している。また、日本の漫画界にも多くの影響を与えている。「科学が臍を曲げた話」は、丘丘十郎の名で発表された短編科学エッセイ。錬金術、電気メス、避雷針…科学史において画期的な発明がなされる時の裏側、当たり前だと思っていた科学に人間がまんまと裏切られる瞬間。一筋縄ではいかない科学の本質を、分かりやすく面白く解説。海野十三ならではの洒落た文体が織り成す、不思議な科学の世界へようこそ。
(C)Pan Rolling

海野十三 「科学が臍を曲げた話」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。