最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

梶井基次郎 「檸檬」

著者: 梶井 基次郎
ナレーター: 佐々木 健
再生時間: 不明
カテゴリー: 名作文学

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

―その檸檬の冷たさはたとえようもなくよかった。 その頃私は肺尖を悪くしていていつも身体に熱が出た。 その熱い故だったのだろう、握っている掌から身内に浸み透ってゆくようなその冷たさは快いものだった― 得体の知れない不安に心をおさえつけられ、好きであった音楽や丸善に辛抱がならなくなる。誰もいないところへ逃れたいと願い彷徨い歩いていた折、以前から好きであった暗い果物屋に珍しく並んでいた檸檬を目にする。ただひとつだけ買ったその檸檬は、不思議と心の不安を和ませ、心を幸福な感情で満たしていった。
(C)Pan Rolling

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。