2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

そそっかしい男が、行き倒れの死体を見つけて自分の兄弟分と勘違い、こともあろうにまだ生きている本人に知らせて…滑稽ばなしの代表的な演目。落語らしいナンセンスな世界を、小さんは底抜けに明るく演じている。1988年、東京 上野・鈴本演芸場にて収録
(C)NHK(日本放送協会)

柳家小さん「粗忽長屋」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。