最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

★「えっ」と来たら、成長チャンス。ザワザワ、ギクシャクから始まる、中谷流「現代アート」体感術。
★現代アートというと、なんだか、よくわからないもの。「えっ」、ザワザワ、ギクシャクという方も少なくないのでは? 私自身、現代アートを取り扱ってきましたが、正直なところ、「わかる」という体験は、ほとんどありませんでした。「イラストは『わかる』がゴール。でも、現代アートは違う。現代アートは『考える』きっかけになるもの。」と中谷さん。「答え」がないと不安になってしまう。これは現代人の悪癖。現代アートは、精神の「宙ぶらりん」体験の場。現代アートで、メンタルを強くする方法、中谷さんから伺いました。
★月ナカ168――7つの学び
○「お茶会は、パフォーマンスアート。」
○「アートに走ると、仕事を頼みにくい。」
○「本物は、持っているエネルギーが違う。」
○「人間の解放を訴えかけるのが、芸術。」
○「気絶するまで、裸でぶつかりあう。それが恋愛。」
○「正解・不正解のない不安に、耐えよう。」
○「『えっ』から、味わいを見つけていこう。」
©2021 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏168『アブラモビッチ』に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。