最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介
法医学博士、宗像隆一郎氏が探偵事務所を構えて数年。
明智小五郎と並び称される程となった彼の事務所に、ひとつの事件が舞い込んだ。
製糖会社取締役・川手氏の元に届けられる、差出人不明の脅迫状。
その調査にあたっていた助手が殺害されたことで、宗像探偵は本格的に捜査に乗り出す。

犯人の象徴は、三重渦巻きの怪指紋。
3つ並んだその渦巻きは、不気味に笑う怪物の顔のようでもあった。

明智の友人でもある捜査係長・中村警部と共に奔走する宗像探偵であったが、
犯罪の天才ともいうべき三重渦状紋の怪物は、様々の猟奇的な手口で宗像探偵を苦しめる。

そんな折、海外に出張していた明智小五郎が帰京する。
明智はこの怪事件について、独自に捜査を始めた……。

宗像探偵の活躍によって、事件は一応の解決を見たと思われたある日。
明智小五郎は宗像探偵に、驚くべき推理を披露する。

明智が告げる、三重渦状紋の持ち主とは?
そして、意外な犯人とは……?

明智の明快な論理が、怪物の復讐劇に終止符を打つ!
©2021 PanRolling

悪魔の紋章に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。